「Frame 膝」アッセンブリーの組込み方

❶ パーツが揃っているか確認します。

  Ⓑ:Frame 膝 アッセンブリー

20.jpg

❷ 1番プラスドライバーを用意します。

21.jpg

❸ ドール本体から足首を引き抜き、スネ部分を太ももから取り外します。

  ※スネ部分は、膝を90度曲げた状態にし、左右に回しながら引き抜くと簡単に外れます。

❷ ダボが付いた脚のダボ穴に、十字の形をしたパーツをそれぞれ図の様にはめ込みます。

​  ※小さい十字が上、大きい十字が下になります。

03.jpg

❹ スネ部分からスネの骨格を引き抜きます。(写真は左足)

  ※そのままでも抜けますが、ドライヤーなどで軽く温めると簡単に抜けます。

04.jpg

❺ 「Frame 膝」アッセンブリーをスネに戻し、スネと他パーツを元に戻せば完成です。右足も同様に作業します。

  ※太ももに差し込む時は、左右に軽く回しながら差し込みます。

16.jpg

❻ 動作確認をします。伸ばした状態。

17.jpg

❼ 曲げた状態。Phase 1

18.jpg

❽ 更に曲げた状態。Phase 2

  ※Phase 2では、太ももから軸を1㎝程引き抜くことで正座が可能です。

  ※Phase 2移行後、膝を伸ばす場合、引き出された膝を太ももに差し込み元に直します。

19.jpg

❾ 太もも側の外皮を図の様に少しカットすることをお勧めします。膝パーツが太もも奥まで格納されるため、直立時の膝の収まりがよくなります。

  ※自己責任となります。

15.jpg

「膝関節が緩くなったときの対処方」

■ 可動を繰り返すと膝のグリップ力が緩くなることがあります。その場合、ネジを締めこみ直して調整してください。

  ※締めこみ過ぎにご注意ください。

2020tw_dolfun_0011.jpg